ピューレパールに配合されている黒ずみケア成分はなに?

ピューレパールはどんな部位にも使用することのできるボディ美白ジェルとして、とても注目を集めている商品です。
ワキにも、膝や肘にも、Vラインにだって使用することのできる優れものですから、全身キレイを保てそうですよね!

 

さて、そんなピューレパールですが、なぜそこまで効果が期待できるのでしょうか?
主要成分は何なのか?早速調べていきたいと思います。

 

ピューレパールの主要成分は、グリチルリチン酸2K、プラセンタ、米ぬかエキス、セラミド、コラーゲン、トリプルヒアルロン酸、天然ビタミンEの7種類となっています。

 

中でも、有効成分とされるのが、グリチルリチン酸2Kと水溶性プラセンタエキスです。
それぞれ、どのような効果が期待できる成分なのでしょうか?

 

グリチルリチン酸2Kと水溶性プラセンタエキスのそれぞれの本来の働きは、お肌が本来持っている働きを整える、つまりターンオーバーを促すことで、メラニンを元から分解し、黒ずみの原因に直接働きかけるといったものになります。

 

しかし、これならどの製品でもありがちな感じがしてしまいます。
ピューレパールが他よりも長けているのは、以下の理由です。

 

「超高濃度美白成分」
「独自技術により、角質にグイグイ浸透する」

 

この2つがポイントになってきます。
それはそうです。
ただ良い成分を配合しても、お肌に浸透しなければ意味がありません。
お肌にコラーゲンが浸透しにくいというのはとても有名なお話しです。
コラーゲンだけに言えたことではなく、結局は角質層まで届かなければ、どんな成分も効果は期待できないのです。

 

そこに着目したピューレパールは、角質層にしっかりと浸透していくように、独自技術で浸透を促すことに成功しました。
微粒子化することで浸透しやすいものになったのです。
これがピューレパールの人気の秘密です。

 

なお、ピューレパールに配合されている主要成分を見る限りだと、相当効果が期待できそうな美白成分が盛り込まれていますよね。
米ぬかエキスなんて、美白の王道です。

 

しかし・・・口コミを見ていると、効果がなかったとおっしゃっている方もいらっしゃいます。

 

これに惑わされてはいけません。
使用期間が足りないのです。

 

ピューレパールは決して速効性のある商品ではありません。
お肌にはターンオーバーのサイクルだってあります。
そのため、すぐに効果が出なかったからとあきらめてしまうのはもったいないです。

 

黒ずみの原因を根本から解消してくれる成分がたくさん配合されているので、効果は遅かれ早かれ期待できます。
その代わりといってはなんですが、しっかりと毎日続けることが大切です。

 

毎日、朝と晩の2回使用して、最低でも3ヶ月は使用してみることをお勧めします。
お肌のダメージの蓄積量が多いほど、効果が出るまでに時間がかかるかもしれません。
私の場合は、ワキの脱毛は美容整形で行っていましたが、それもなかなかのダメージになるようで、時間がかかりました。

 

公式サイトにはQ&Aも掲載されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

⇒ピューレパールの公式サイトはこちら

関連ページ

ピューレパールに副作用はあるの?【その真相は!?】
ピューレパールで副作用が起こった報告はあるのでしょうか。また、ピューレパールの副作用の可能性や、安全性についてまとめています。
効果について知りたい!詳細はこちら
ピューレパールを使うことでどんな効果が期待できるのか、またピューレパールの効果のヒミツは何なのかをまとめています。
正しい使い方を覚えてキレイな肌色に!
ピューレパールに正しい使い方なんてあるの?ピューレパールの使い方をマスターしてキレイな肌色を目指そう!
ピューレパールが効果なしってどういうこと?!
ピューレパールの口コミを見ていると「効果なし」と言っている方がいます。ピューレパールが効果なしといわれる原因は何なのか?
iラインに使用することはできるのか?効果は?
ピューレパールはiラインに使用してもOK?ピューレパールのiラインへの使用についてご紹介します。
ピューレパールはちくびの黒ずみも綺麗にしてくれる?
ピューレパールで人には聞けないちくびの悩みを解消?!ピューレパールはちくびにも効果が期待できるのか?